当院を知る1分間ストーリー

  • HOME
  • 当院を知る1分間ストーリー

01.入院室を一番大事にするワケ

当院を現在の場所に建てた時、入院室から病院づくりを進めました。
診察室や手術室、待合室などの大きさや場所を最初に考えそうなものですが、当院ではそうしませんでした。

入院室にこそ、こだわっています。
動物病院の入院室は、奥まったところにあり、薄暗くて、というようなイメージがあるかもしれませんが、そうはしたくありませんでした。飼い主様から離れる時間は、動物たちはきっと寂しい思いを抱えているはず。だから、寂しい思いや不快な思いをできる限りさせないために、まずは入院室の構想から考え始めたのです。

もし、自分の子が入院していたら、どうしてあげたいでしょうか?

いつもより狭い空間で、自由に動けないのだから、
せめて、緑を見せたい。
せめて、少しでも快適に過ごしてもらいたい。

そういった思いから、犬と猫の入院室を分けてストレスを与えないようにしながら、入院室を取り囲むように木を植えました。本当は植樹をせずに病院を広くする方法もありますが、私たちにとっての正解はこの形です。

入院室内では、診察中であっても、常時二名の動物看護師が動物のお世話をしています。
体調のチェックをしたり、お薬やご飯をあげたり、清掃を行なったりと、少しでも快適に過ごしてもらうために、可能な限り看護に力を入れています。看護師には「入院した動物が、自分の飼い犬、飼い猫だと思って接して下さい」と伝えていますが、自分で看護計画を立て、積極的に動ける自慢のスタッフばかりです。

また、看護にじっくり取り組める人員配置を行なっています。
それにより、入院室を含むバックヤードには余裕が生まれます。その空気感を飼い主様に察していただき、退院後に飼い主様より、入院中の看護について感謝の言葉を頂くことが多くあります。私たち(特に主に看護を担当する看護師にとって)これほど嬉しい言葉はありません

「入院中の動物たちの機嫌が良い」

このことを目指し、今日も動物たちと向き合います。

02.前を向いてもらうための考え方

生きるものは、必ず最後には亡くなります。

気付いた時には病気が進み、手の打ちようがない場合もあります。
どれだけ最先端な治療を施そうとも、現代医学では治療は難しい。
飼い主として、できる限りのことはやってきた・・・

そういう時に、私たちは「もう打つ手がありませんね。」と悲観しません。

――私たちならこのように考えます。
重たい病気と闘っていると、飼い主様は悲しく辛い思いばかりになってしまいますが、
その子と過ごしてきた時間は、温かく幸せな時間のほうが多かったはずです。

私たちができるのは、飼い主様の心を軽くすること。
飼い主様が前向きであれば、その子にきっと何かプラスの影響があるはずです。

飼い主様の心が軽くなったことで、ご飯を以前より食べられるようになったワンちゃんを実際に見て来ました。「今日は食べられるんやなあ。よかったなあ」と言ってナデナデできればお互い幸せだと思います。